ノッポさんのひとりごと

ノッポおやじが感じたこと暮らしの役に立つ情報を載せています。

きくらげ 

 こんにちは、ノッポです。

市場に出回っているキクラゲの約90%が外国産の『乾燥きくらげ』。

ノッポは、今月培地づくりから菌の植え付け、培養、生育、収穫までのすべての工程を行う生産工場に就職して一週間、工程を順番に回って手順を習得しています。

 ノッポは、自動袋詰め器で詰めた袋を細菌釜に入れる棚に置く工程と収穫の工程で、手作業でヘタ切や石づきの少し固い部分を取り除いています。

生産工程

仕込み:ミキサーでおが屑と栄養体と水分を撹氾で理想の菌床培地を作ります。

f:id:noppo4955:20190223054329p:plain

自動袋詰め器:菌床培地2.5kgを自動で袋詰めします。
f:id:noppo4955:20190223054329p:plain

棚置き:自動で袋詰めした袋を殺菌窯に入れることができる棚に置いていきます。

f:id:noppo4955:20190223054329p:plain

殺菌窯:100℃で菌床を殺菌します。

※培地を殺菌することで菌糸が成長しやすくなる重要な工程です。
f:id:noppo4955:20190223054329p:plain

植菌:接種機で種菌を菌床に植え付けます。

※植菌は、雑菌が入らないようにクリーンルームにて行います。

f:id:noppo4955:20190223054329p:plain

培養:温度、湿度など管理した培養室で、約2か月間菌を菌床に蔓延させ、菌糸が広がるのを待ちます。

 f:id:noppo4955:20190223054329p:plain

培養完了:菌が蔓延して袋が真白になります。

f:id:noppo4955:20190223054329p:plain

 発生:発生室を25℃で管理し、散水を行いきくらげを成長させます。

※菌床の側面に切り込みを入れます。

f:id:noppo4955:20190223054329p:plain

育成:培養室から生育に適した環境下に移すと、小さな粒状の原基が成長しみなさんがいつも見ておられるきくらげの形になります。

f:id:noppo4955:20190223054329p:plain

収穫:収穫時期を迎えるまでの生育期間は30日前後です。

※手作業で収穫します。

 

栄養成分

乾燥キクラゲ100g中に含まれる栄養成分は・・・

栄養成分

含有量(乾燥キクラゲ100g中)

食物繊維

不溶性73.1g、水溶性6.3g

ビタミンB2

0.44mg

ビタミンD

128.5μg

カリウム

630mg

カルシウム

82mg

マグネシウム

110mg

鉄分

10.4mg

亜鉛

0.8mg

エネルギー

171kcal

  *参照・・・日本食品標準成分表2015年版(七訂)

 

きのこ別栄養成分と効果

 

f:id:noppo4955:20190223144915p:plain

*参照・・・文部科学省 食品成分データベース

 今回10種類のきのこを調査した結果、鉄分、ビタミンD、食物繊維総量で断トツの1位になりました。

この結果から一般の方も良く知っておられると思いますが、鉄分は、貧血予防、ビタミンDは、骨粗しょう症予防、骨の新陳代謝の過程で必要とされる成分で、カルシウムの吸収の働き、食物繊維は、腸を整える効果、便秘効果ありますので、女性には、おすすめの食べ物です。